« 虫歯の虫ってさぁ? | トップページ | between the lines »

ちくま文庫

読書好きの人って、文庫本や新書版さがすとき、
出版社の背表紙の色で本さがしますよね?

あると思います。

そして『ちくま文庫』『講談社学術文庫』『白水社』
は本屋の奥のほうからさがしますよね?

あると思います。

いや、どうでしょう・・・?

そういえば『思考の整理学』を読んだのは15年前くらい。
作者、外山滋比古さんは大学入試でよく扱われた方だったような。
どちらかといえばゆるい私はこの手の本を思考の整理のために読むのが好きです。

その本が、ここ2年ほど突然平積みになってるのはなぜかしら?
思考の整理学
行く先々の本屋にてちくま文庫が一冊だけ
いろんな本にまぎれて平積みになっている。
東京駅の丸善では、その本だけを積まれているコーナーもありました。
『もっと、わかいときに読めばよかった・・・』だったかな?
というでっかいPOPつき。

んー勝間和代さん効果かな?
彼女がこの方の本を薦めていたような。
ちょっと調べてみたけどわからない。

そしてちくまの漫画といえばこれでしょう。
るきさん (ちくま文庫)

単行本が文庫化されたときに
さすがぁ。ちくま文庫と思いました。
高野文子については、またいつか。
ちょっとTOPクラスすぎて、うまく言葉がみつかりません笑。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

|

« 虫歯の虫ってさぁ? | トップページ | between the lines »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156868/28054229

この記事へのトラックバック一覧です: ちくま文庫:

» 『 黄色い本—ジャック・チボーという名の友人』 高野 文子 (著) [Anonymous-source]
漫画の深さ、面白さを教えてくれた。 ロング・セラー。長く愛される作品を描き続けてきた名手による4つの掌編。 小説の主人公に自分を重ね、図書館で借りた本を読みふける少女。名作「チボー家の人々」を題材に採った表題作のほか、3編を収録。会社の片隅で繰り広げられる、恋か?セクハラか?本人たちにもわからない小さな騒動「マヨネーズ」、ボランティアが派遣先で起こすスリリングなすれ違い「二の二の六」など、バラエティー豊かに人生の真実と上澄みをすくい取る、たぐいまれなる作品集。ユーモアとクールな距離感が織りなす絶妙... [続きを読む]

受信: 2009年2月25日 (水) 11時06分

« 虫歯の虫ってさぁ? | トップページ | between the lines »