« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

ローマ字

ちょっとローマ字の参考資料のご紹介です。

学校によっては覚える間もなく
さらっとおわってしまうローマ字。
ちゃんと覚えておくと中学英語にもすんなり入りやすいです。

たいてい中学一年生の英語でまずつまずくのは単語。

ということで、

かわいいーーみやすいーー
って当時の塾の生徒たちにくばっていたのがこの『ローマ字表』
Romajithumb







こちらでダウンロードできます。カレンダーもすごくかわいい。
良心的なお人柄あふれるページです。

あとは、いろんなローマ字ソフトがありますが、
やっぱり子供たちに大人気『名探偵コナン』のこのソフトは料金よりもかなり楽しめるつくりです。

メ潤[スネクスト 特打ヒーローズ 名探偵コナン (説明扉付きスリムパッケージ版) [54580] 【送料無料】
塾時代には生徒のお母さんがはまってました・・・笑。

会社でのカナ変換のおじ様にもお役立ちかも。

さいきん息子の学校のママに
勉強の進め方をきかれることも多くなり
そうか、お母さんはこどもの勉強で悩んでいるのだなぁ。
と改めてかんじています。

そんな流れでちょっと思いついた話でした。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Scrambling Rock'n'Roll

あれこれバイトしている中の一つに麻雀講師があり、場所は渋谷にあります。

朝の渋谷と夕方の渋谷を感じながら、109あたりからすこしだけ人込みを眺めてから帰宅します。

出身の九州にて初めてきいた尾崎豊が頭に流れるんだよね。Scrambling Rock'n'Roll。渋谷のscramble交差点はいまもなお新鮮で。

最近はヨガで銀座に行くけれど、渋谷とは全く違う色。そのまま新橋に行けば違う空気になるし。区を超えて浅草あたりで感じる空気、もまたそれぞれに濃い密度で、違う人達が行き交うよ。当たり前なんだろうけど、東京は顕著なんだよね。メルティングポット〔るつぼ〕だね。

上京してから長いけど、たぶんこうして人を観察したり、たまに話しかけられたり、なことがヨーガに繋がったのだろうなぁ。と思ったり。

そうそう、先日の友人ちでやったLiveにて「僕が僕であるために」のボーカルまでやらされたのはキツかったです・・・笑

にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

between the lines

最近は身体に関係する本ばっかり読んでます。

首にある骨を頚椎(けいつい)といい
7つの骨が積み重なっているんですけれど、
たとえば、その頚椎5番は首のねじりに関わります。

そして近くにいる人・主に旦那に
『ねーちょっと首を左にむけてみて』
と頼みさわらせてもらう。

『首にある骨それぞれに役割があるんだよーすごいね!!』
そして『ふーん』と流される。

Keitui1

最近会ったひさびさの友人には

『ひざの力をゆるめるとねぇ、自然におなかに力が入るんだよ~』
ってそこから銀座数寄屋橋の交差点あたりで熱弁をはじめてしまい、
笑われてしまいました。

あー迷惑なおじさんみたいな私。

首の骨の『between the lines』も大切だけど、
おおきな意味での
read between the lines・・・・!こそヨガだよねぇ笑。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちくま文庫

読書好きの人って、文庫本や新書版さがすとき、
出版社の背表紙の色で本さがしますよね?

あると思います。

そして『ちくま文庫』『講談社学術文庫』『白水社』
は本屋の奥のほうからさがしますよね?

あると思います。

いや、どうでしょう・・・?

そういえば『思考の整理学』を読んだのは15年前くらい。
作者、外山滋比古さんは大学入試でよく扱われた方だったような。
どちらかといえばゆるい私はこの手の本を思考の整理のために読むのが好きです。

その本が、ここ2年ほど突然平積みになってるのはなぜかしら?
思考の整理学
行く先々の本屋にてちくま文庫が一冊だけ
いろんな本にまぎれて平積みになっている。
東京駅の丸善では、その本だけを積まれているコーナーもありました。
『もっと、わかいときに読めばよかった・・・』だったかな?
というでっかいPOPつき。

んー勝間和代さん効果かな?
彼女がこの方の本を薦めていたような。
ちょっと調べてみたけどわからない。

そしてちくまの漫画といえばこれでしょう。
るきさん (ちくま文庫)

単行本が文庫化されたときに
さすがぁ。ちくま文庫と思いました。
高野文子については、またいつか。
ちょっとTOPクラスすぎて、うまく言葉がみつかりません笑。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

虫歯の虫ってさぁ?

坊やの歯医者へ。
注射も泣かない息子ですが。
治療も私はもうついてこなくって大丈夫!といわれる自立ぶりな人。
その帰宅後。

『ねーねー虫歯の虫ってさぁ、ドングリに入ってる虫なんじゃないの?』

ほぉ。それはないだろーなぁ。
続けて、

『だからさ、歯にさぁ、鍋で煮るみたいに熱湯をかければいいんじゃないの?』

『ん?あなたは熱湯をかけていいの?』

だまる・・・・。


今日も坊やは素敵な発言をしましたね。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

暖房の中のスムージー

毎週水曜が休みだったらいいね。
さすがに『建国記念日』は月曜日に移動しないんだねぇ。

ってゆるいトークの休日。

たまにね、ヨガばっかりで最近坊やに構ってないような気がしてきて、
申し訳なさもまじってきて、きっと喜ぶだろーなぁ。
ってことを思いつく。

と、目の前に出し忘れていた大きなゴミ袋を発見。
じつはかなり重くて子供にはきついだろーなぁ。なサイズ。

ねーねーゴミだししてきてくれる?
美味しいジュースが・・・あるかもよ♪

と食べ物につられて、ゴミ捨てにいってくれる坊やです。
『なんかこれ1キロはあるよ・・・』とばやきながら。
うーん。それ10キロくらいありそうだけどねぇ。とは言わないよ。

冷凍ブルーベリー・ヨーグルト大目・牛乳少な目・砂糖
がーっとミキサーにかけるだけで出来上がり。
イチゴbananaでも美味しすぎ。Strawberry_smoothiemain

ちなみに写真はイメージです。
うちのは飲んでしまって写真とってませんでした。

わーい!!と喜ぶ息子と旦那さん。
『お店みたいだねーーー』
とても簡単に贅沢気分を味わえちゃいます。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

40才までに知っておきたい世の中まるごとガイドブック

いえいえ、正しくは
『10才までに知っておきたい世の中まるごとガイドブック』
なのでした。

きっずジャポニカ・セレクション 10才までに知っておきたい 世の中まるごとガイドブック基礎編
池上彰(イケガミアキラ)
1950(昭和25)年、長野県松本 市生まれ。慶應義塾大学卒業後、1973年、NHK入局。報道記者として松江放送局、呉通信部を経て、報道局社会部へ。記者として警視庁、気象庁、文部 省、宮内庁などを担当し、さまざまな事件、災害、消費者問題、教育問題などに携わる。首都圏向けニュース番組のキャスターを5年間つとめた後、 1994(平成6)年から2005年3月まで「週刊こどもニュース」の語り手であるお父さん役をつとめる。2005年、NHKを退社。現在はフリージャー ナリストとして活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

今回のレッスンは
二回目の『社会』にまつわる本の紹介でした。
こむずかしい回を楽しそうにきいてくださって嬉しかったです。

今月のテーマ『つたえる』のベテランだなぁ。と思わされるもの。

前回のテーマ『理科』(ヨガクラスのこと)でご紹介したアインシュタインの言葉を拝借し、
『常識とは18才までに身につけた偏見のコレクションのことをいう』
にもつながる社会のお話・・・。

ヨガを深めようかな。インストラクターになろう。とするときに
バイブルのように登場する『ヨーガ・スートラ』という書籍。
(この本については機が熟してきたらまたご紹介したいです。
難解なので私自身の言葉でわかりやすくご説明できる言葉にまだ熟していないのです・・・。)

前書き・もしかしたら自己・自我の言葉わけについて気になる方がいたらごめんなさい・・・。
     心理学~って話でもないのでここでは厳密には分けすぎて書いていません。

その本の中に人間の障害についての5つ項目があります。

無知→我想→執着→憎悪→生命力

一番はじめの無知とは自己への無知です。
(あとの4つは別の機会に。)

そのことを考えたときに、
私個人の見解では自分自身をほりさげていっても
意外とみつかったものは
自分自身への『思い込み』である場合も多いんでは?と思っています。

では自己を知るってどういうこと?

さぁ、答えはそうした心理学観点からいろんな人が本を出していてもね、
苦しくなるようなものは違うんじゃないかなぁ。
では、その人がうまく自分のチューニングができていくということかな。
妥協や我慢ではなく中庸の視点にたっていけることかな。

そして、大好きなミヒャエル・エンデ氏と翻訳者の子安美知子の対談には
そんな私を応援してくれるような言葉を発見。

『やたらに自分のなかにもぐりこんで聞き耳をたてるのではなく、
世界が自分に差し出してくれるものに気づくこと』
『いつでも、ほかの人たちのなか、周囲の世界に、
人はほんとうの自我を見いだす。』

なんて、はぁ。と熱いため息でしたよぅ。
だから本はやめられないっ。な瞬間。

そうそう、世界を知らなくっちゃって思っても、

『社会』関係の本ってすごくあるのに、専門用語で敷居が高い?
いえいえ、この本たちはわかりやすーく教えてくれます。

あとは
クーリエジャポン』という雑誌。

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2009年 02月号 [雑誌]
ちょうどインド特集で『日本化するインド』だったの。
ヨーガで考えるインドからは『えぇぇ?』ってことが書かれています。
この本定期購読を検討してます笑。

『アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書』

アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書

 

この本は、おまけで思いついたもの。
学校でならった日本とは違う観点からの日本がみれます。
私は英語ではなく日本語の対訳で読みましたが・・・。

と長々書いているわりに、すべて昔の読書貯金を崩しているお話。
こうして書きながら、ヨガ関連書しか読めてない最近の私を反省・・・笑。
たまりゆくNEWSWEEK・・・・・・ごめんねweep

3回目は『国語』です。
今回と違ってゆるーい話になりそうですから安心してください笑。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神様ヘルプ

いまのとこ神頼みしたいほどの悩みもないし、
ヨーガ習慣で関係ない友人やコンビニの店員さんに
「ありがとう」と言うときに、無意識に合掌しちゃうので。
それ、あ・・・やばいと思ってる最近ですが。
これってヨギーニの共通の悩みじゃないでしょうか?笑。

厄払いは必ず行きます。
前の回の前厄がはじまったとたんにインフルエンザにかかり、
とちゅう咳がとまらなくなり喘息の薬でシューシューしたり、
家の下の人からえらく床をつつかれたり、
『え??なんか悪いことしたっけ??』
という時期があったの。

だから翌年の本厄は新年早々に深川不動堂へ厄払いへ。
ノープロブレムな一年、以上な
その数年で一番いい本厄の年になりました。
だから、厄払いは行きます。やっぱり縁起を担いで深川不動堂へ。
近所の仲見世通りでお団子食べたりして
待ち時間15分前には本堂につくも、
もう100人以上の人がいました。

儀式ははじまり、お坊さん10人くらいでてきて
途中で大太鼓・中太鼓・よくわからないものを
リズミカルにたたきながらお経をとなえていく。

かっこいい!!!和太鼓も太い声のお経の嵐・・・!
これってライブみたいよぉぉぉ。

よーし、マントラライブやる?って
周りの信者さんの熱心にお経唱える姿をとなえながら
ライブ気分で興奮しました。不謹慎だねぇ。

このようなトランス状態が続いたら、
『はい。入信しまーす』ってなっちゃうのも
なんとなくわかるなぁ笑。

となつかしのこの曲のこと考えていました。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京に空はある

おととし札幌から東京に旦那さんの転勤で引越してきました。
札幌でのびのび花スタンプラリーとか雪の結晶に感動していた私は、
東京と札幌の緑や空の違いに、やられちゃいました。
年をとると新しい環境になじみにくい。って一般論だと思っていたのですが、
自分にもおきることがショックで、植物がしおれてく感じな時期がありました。
家族もいるのになぁ、ご飯も食べれるし、
そこだけで満足できない自分なの?てこともショックでシオシオになる。

そんなときにフラーっとドライブにでかけた晴海埠頭。
ここは数年まえに東京に暮らしていたころにおきにいりだった場所。
お台場や横浜のみなとみらい一角あたりはもう
10年前のすすけた部分がなくなっていくなかで、
ここは解放的なすすけた空間。
そこから見る大型船ごしのお台場くらいがちょうどいいの。

しばらくそこで放心してると(放心ばっかりしてますね・・・私)
『わぁぁぁ』な瞬間がやってきた。
智恵子抄 (新潮文庫)
『東京にも空はあるよ~智恵子さん』と思った。

586606788_216

写真ちいさいけど、こちらにむかって雲が流れてきて
『きれいだねぇ』と何かがむねにストンと落ちたのでした。

そんなながれで今ヨガインストラクターしてるから不思議なものです。
最近の私はいつか札幌に帰る日がさみしいです。あは。
人間って・・・勝手だねぇ。

今日ね10年以上前に書きとめてある本の引用をみつけたから思いだした話。

『わが知らぬわれの
わがあたたかき肉のうちに
籠れるを信ずるなり』

同じく高村光太郎です。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいい子には旅をさせよ

12_2 育児ネタなんてすこしかいてみます。
過去をふりかえった日記です。
このブログのタイトルの由来
『書を捨てよ街へ出よう』
にちなんだように育児してます。
じつはヨ~ガにもつながるんですが、
その話はまた今度落ち着いて書きますって
もったいぶってますね笑。

家の近所辺りは昔ながらの問屋街です。
学校から配られたプリントを見て、
『問屋街の企画で地元の人の説明付き!』
うわー素敵ー☆と即参加申し込みをしました。

問屋街の会長のおじさんの地域振興の熱意はもちろん、
途中の神社では干支のお守りのプレゼント、
最後は風呂敷でのペットボトル入れやらポーチ作成をして、
人形焼きもついていて盛り沢山。

予想以上の満喫ぶりでホクホクついでに、
隅田川でホーとするかと河川敷に出たの。
息子は釣りのおじさんに夢中になる。
おじさんは息子に釣りをさせはじめてくれた。
長くなるなぁ~まーいっかなユックリズム。

かれこれ見守りつつ私は高速を走る車、
あちら側に住むホームレス、
川を走るガソリンの船などに見とれたりと
ひとしきり私は放心タイム完了。

息子達のとこに戻るとね、
明日朝10時30分おじさんと釣りをする約束をしていたの。
おじさんは私に魚の調理の仕方を熱弁してくれた。

よく知らないことだからかなり新鮮!!

でもぉ・・・私その時間は行けないしなぁ、
その後は予定入ってるしなぁ~~
ん~息子はすごく行きたそうだし・・・

うーん。知らない人と約束かぁ。と少し悩む。
でもこの流れはいい流れだと直感が言う。
いい人そうな薄汚れたおじさん、、なんだわ。
ん~~これは、、、善意だょ!!行かせましょう!!

その夜は問屋街散歩や釣りトーク炸裂で、
「すごい日だったね」と幸せそうな息子、
朝は待ち切れぬばかりの『あなた魚か?』
みたいなピチピチな動きで出かけ、
まばゆかった。

私は後からお迎えへ行くと、
知らないオジサンと息子が孫とおじいちゃんみたいに
仲良く釣りをしていて、かわいいの。

釣った魚をお土産に帰り道、
手をつないで報告する姿もピチピチね。
また一人息子を大事にしてくれたオジサンも有り難くって、
楽しい週末になりよかったねぇ。と私もにこにこな週末でした。

釣った魚をさばくのがちょっとこわかったけど・・・ね。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

バンドやろうぜ

MIRACLE DIVING

最近旦那さんがギターにはまっています。
私はバンド歴のほうがヨガ歴より長く、そこで知り合った旦那さんです。

ギターといっても、アコギではなく、エレキギターをアンプにつないでやっています。
その横で私は前屈を深めたり、レッスンの準備したり
頭立ちのポーズの練習をしたりな日々でした。

ギター熱な勢いあまって、スタジオはいろうぜ!てことになりました。

去年、大学時代からの友人が家をたてました。
バンドマン夢のスタジオ付き!
はさまったら折れそうなおもーい扉でしっかり防音よ。
夫婦そろって、ロッカーの風貌でかっこいいの。
その夫婦を誘うことにして、近日中にスタジオで遊ぶことになりました。

私が歌える曲をということで先方からだされた課題は
『ドキドキ』やろうよ!!

即OKして当時はまっていたJUDY AND MARYをひっぱりだして
気分は高揚。とっても楽しみです。

そしてよくよく歌詞をうたっていると、
サビ『空をあおいでー手をたたいてー大地にキスをするよーなー♪』

こっ、これは・・・

太陽礼拝の歌だぁーーー。(手はたたかないけどね)
ラストのサビなんて『手をのばして・光に顔を照らして~~ぇぇぇ』だよ!!

そんな私はヨーガ病かもしれません。
ぱーっと歌ってきちゃいますwink

にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙授業

今月もスタートしました『ハロー!はじめてのヨーガ』

レッスンに足を運んでいただいたみなさま、ありがとうございます。
よく思うのは、その場の空気を作っているのは、私の力だけでないということ。
その場にいてくれる人とのハーモニーのようなものです。
それによって、とてもいい空気感が生まれたり、空回ったりです。

ほぉーっと、みなさまの心や身体がほぐれていったときに感じるもののおかげで、
私の舌も?軽やかに自然にそのとき必要と思われる言葉がみつかっていきます。
そういうことのすべてに、ジーンとしちゃうのでした。

はい。これからもがんばります。(誰に答えているんでしょう?笑)

そして、今月のテーマ『つたえる』にちなんだ本のご紹介です。
今回の本は、うーんと悩みました。
たくさんありすぎて・・・。

今週は宙授業/中川人司をご紹介させていただきました。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の元職員という肩書きを持つ高校教師中川人司さんが、実際に高校で行った
 授業を元に出版された本書。
 職員時代、宇宙の話に目を輝かせる子どもたちと接するうちに、宇宙の魅力を広く世間一般の人たちに伝えたくなったという作者。そんな子どもたちを始め、宇宙に関して予備知識のない生徒達の44の質問に、本書で丁寧に答えています。
 ロマ
 ンあふれる宇宙の世界を、やさしい言葉で解説したわかりやすい「宇宙の教科書」。チョークで描かれたような黒板タッチの絵や文字も魅力的な一冊。  
  

 宇宙授業

『宇宙』といえば、ヨーガを深める段階でもよくでてくる言葉。
レッスンなんかに行くと『さぁ、ご自分の宇宙を感じましょう』といわれて『は・て・な?』

『宇宙』はイメージだけで、よくわからないもの。
と気づいたときに、有名な相対性理論も理解しよう!と思って購入した『Newton』の特集はよくわからずにいました。
そんなときこの本に出会い、するするーっと理解できる文章にぐーとひきこまれました。

そっかぁ、宇宙はこのように私達の身近なものなんだなぁ。って思えます。
ちょっとかしこくなった気分にもなれるかな?

アインシュタイン150の言葉 新訳 星の王子さま (宝島社文庫)
なんて、二冊も本もおまけに紹介していきました。
『星の王子様』は新訳・倉橋由美子版です。
倉橋由美子は昔はまった作家。またリニューアルして最近売られてます)

来週は『社会』につながる本の紹介です。お楽しみに♪

にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »